お中元で感謝の気持ちを伝えよう

お中元で感謝の気持ちを伝えよう

お中元の歴史とマナーについて

time 2022/06/08

お中元の歴史とマナーについて

夏の挨拶として知られているお中元はもともと、古代中国の神様をまつる風習とされていました。それが仏教と結びつき、日本では先祖の霊を供養するものとなり、次第に親類などへお供えものを配る習慣が出てきたのです。そして江戸時代になると、親類やお世話になった人に感謝の気持ちを伝えるための贈り物をする習慣へと変わっていったのです。お中元はお盆のお供えものを贈る風習に由来しているため、東日本では7月初旬から7月15日まで、西日本では8月初旬から8月15日までが贈る時期とされています。

これらのお中元は誰に贈らなければいけないといった決まりはなく、どちらかと言うと贈りたいという気持ちが最も重要とされています。近年では友人に贈る人も増加傾向にあるため、コミュニケーションの一つとして利用されています。お中元の相場は一般的に3000円から5000円程度になります。そこには親密度や贈り手の年齢なども関係してきますが、出来るだけお互いの負担にならないようにするのがマナーになります。

またお中元の内容は、お盆のお供え物からの由来として食べ物が主流とされています。基本的には先方に喜んでもらえるような物を選ぶのが良いでしょう。選ぶ際にはどんな物が好みなのか、家族構成はどんなのかなどを考慮に入れて選ぶ事がとても重要になってきます。ただし目上の方に贈る場合には、お金や金券類、踏みつける象徴となる履物類や勤勉を奨励とする筆記用具や時計は避けた方が良いでしょう。

お中元のことならこちら

down

コメントする